MENU

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

積立を利用して有利にお金を増やす方法

お金を積立で預けるというと、昔からよく頭に浮かぶのは、一定額を毎月普通預金や定期預金に預けるということです。

しかし現在の金利が非常に低い時には、お金がたくさん貯まるまで何年もかかってしまうため効率的ではありません。投資信託を一定額毎月積立で預けると普通預金のような預金よりもかなり短期間で有利にお金が貯まりやすいのでとてもおすすめしたいです。

投資信託のような投資商品というだけで、元本が減るリスクがあると不安感があり、敬遠してしまう人もいるのですが、一定額を毎月積立で投資信託にお金を預けるようにすると、価格が安い時は多い口数で購入になり、価格が高い時は少ない口数で自動的に購入になるので、ある程度長期で預けるようにすれば購入した価格が平均されてくるため、高値づかみをして失敗したというようなことも少なくなるのでリスクを少なくしながら高いリターンを期待することができます。
また、相場全体が乱高下したり、暴落したり、逆に値上がりが早くて過熱気味で不安だという時も振り回されずに日々の相場をあまり気にせずに預けていることができます。
頻繁に相場状況や投資のための情報収集などをしている暇がないという人にもおすすめしたいです。

例えば自分の経験では、投資のプロでも何でもないため、その時の相場状況が割安なのか割高なのかの判断に失敗し、積立ではなく数万円以上のまとまった金額を一度に預けてしまってかなり損失を出してしまったことがありました。

しかし、積立で預けていたものだけは大きな損失が出ているものはないし、たった4ヶ月程度でほんの数万円に対し、一万円とかの利益が出たこともあってかなり有利に運用することができました。